【ニュースリリース】社会のために行動したい若者を主対象とした対話型セミナー「フルッタフルッタ・コロッキオ」第2回開催のお知らせ

By frutafruta, 2017-06-09

アグロフォレストリーの現場から

――いま求められるグローバルな社会貢献とは――

フルッタフルッタ・コロッキオ(対話型セミナー)

第1回のご報告&第2回のお知らせ

 

株式会社フルッタフルッタ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:長澤 誠)は、企業の基本理念に根ざし、社会のために行動したい若者を主対象とした対話型セミナー「フルッタフルッタ・コロッキオ」をスタートさせました。少人数に限定し、自然、環境、ソーシャルビジネス、食、健康、農業、キャリアビルディング(セカンドキャリア)、社会起業など幅広いテーマを取り上げます。

5月9日に開催しました第1回では、弊社代表取締役社長、長澤誠が登壇いたしました。ご参加くださったのは意識の高い高校生、農業に関心のある大学生、社会起業家、ハワイでビジネスを立ち上げている女性起業家、弊社アサイー商品をご愛飲くださっている会社員など。満席の会議室で、皆さまの熱意におされるように、アグロフォレストリーとの出会い、京セラでの学び、起業の経緯、失敗談、将来のビジョンなど、あますところなくお話させていただきました。レクチャーの後は参加者の皆さまから「アサイーのマーケティングについて」「付加価値をどう提示したか」「現地の人との信頼関係をどのように構築したか」「消費者としてできることは」「ビジネスになると感じたセンスの磨き方」など突っ込んだ質問が続きました。ひとつひとつに長澤も真剣に応え、まさに少人数、対話型の良さが生きた充実のセミナーとなりました。

 

第2回は6月28日、弊社ブラジルオフィス所長である林建佑が自ら体験したアグロフォレストリーの現場についてお話しいたします。
林は大学時代に研修留学でブラジルに一年間滞在し、アグロフォレストリーに出会いました。外務省専門調査員を務めた後、アグロフォレストリーの発展と拡大を志して弊社に入り、ブラジルとの絆を活かして活躍しております。研修留学時代のベレン在住1年に加え、リオデジャネイロに2年、トメアスにも5年の在住経験があり、ブラジル及びトメアスの現地事情を肌で知る講師ならではのレクチャーにどうぞご期待ください。

 

■第2回コロッキオ開催概要
〔日時〕 2017年6月28日(水曜)18時15分~20時(受付18時~) レクチャーは18時30分ころから約60分、質疑30分
〔会場〕   株式会社フルッタフルッタ本社 会議室(千代田区神田神保町3-3神保町SFⅢ2F)
〔アクセス〕 http://www.frutafruta.com/company/#access 東京メトロ半蔵門線神保町駅A1徒歩3分
〔講師〕   林 建佑   株式会社フルッタフルッタ ブラジルオフィス所長
〔参加費〕  500円 (アサイードリンク・デザート付)
〔申込み 〕      https://goo.gl/forms/dLCMtrwI63HnsbK03(6月23日締切)

 

■森をつくる農業 アグロフォレストリー
アグロフォレストリーとは、森林伐採などで荒廃した土地に多種の農林産物を共生させながら栽培し、作物の生長に従って森のような畑になることから『森をつくる農業』と称される農法です。
ブラジルのアマゾンでは、フルーツや材木の栽培にアグロフォレストリーが多く取り入れられ、ヒトと自然が共存共栄する持続可能な農法として実践されています。
http://www.frutafruta.com/agroforestry/

 

■印刷用リリース(pdfファイル)
coloquio2nd

 

 

→▼フルッタフルッタ公式通販サイト

アサイーのフルッタフルッタ オンラインショップはこちら