アサイーの造血機能情報サイト|アサイーでみなぎるプロジェクト

contact

アサイー・ラボラトリー

アサイー・ラボラトリー~みなぎる理由とは?~

千葉大学との共同研究でアサイーの造血機能性を実証

ブラジルが原産のアサイーは2018年に改訂された「広辞苑」にその名が掲載されるなど、日本でも一般的に知られるようになりました。ですが、健康に良いという漠然としたイメージはあっても、具体的に何に良いのかはまだまだ認知されていません。 そこでフルッタフルッタは、アサイーの機能性を追求しより多くの人々の健康をサポートするため、機能性研究に着手しました。

清水先生

そこでまずはじめのテーマとしたのが、アサイーの造血機能性です。 かねてよりアサイーは、一般の方やアスリートから「貧血が改善した」「ヘモグロビン値が上がった」などの声が寄せられていましたが、不思議なことに、アサイーが含む鉄はレバーのように多くはなく、しかも動物性の「ヘム鉄」ではなく、比較的吸収効率が低い「非ヘム鉄」であるため、アサイーが含む鉄だけではなく、その何かが作用しているのではないかと考えられてきました。 そこで、「アサイーは血を増やし貧血を改善するのではないか」と仮説を打ち立て、2018年に千葉大学と共同で研究を開始しました。 実験では、マウスにアサイーを摂取させ、採取した血液を分析することによって検証を行いました。 その結果、アサイーを摂取すると腎臓組織が低酸素状態となり、それによって造血ホルモンのエリスロポエチン(EPO)の分泌が促され、赤血球数が増加することが明らかとなりました。 ヒトの造血ホルモンが分泌する仕組みはマウスと共通するため、これによってアサイーはヒトでの効果や貧血症状の改善が期待される素材であることが示唆されました。

実験を担当された
清水 孝彦先生
千葉大学大学院医学研究院 准教授(当時)
現・国立長寿医療研究センター・老化ストレス応答研究プロジェクトチーム・プロジェクトリーダー

お問い合わせ

当プロジェクトに関するお問い合わせはこちらから

  • お問い合わせフォーム

トップへ戻る