1. トップページ
  2. こだわりと追求
  3. アマゾンフルーツって何?

What Are Amazon Fruits?

アマゾンフルーツって何?

太陽と大地のエネルギーが詰まった天然のサプリメント

アマゾンは強い日差しや強烈な雨などで、とても厳しい環境下にあります。
アマゾンフルーツはそのような過酷な環境で生き残るために、
活性酵素と戦う抗酸化物質や栄養素を蓄えています。
つまりそこで育ったフルーツは、自然のエネルギーが蓄積された
「天然のサプリメント」なのです。

アマゾンフルーツの栄養素

天然のサプリメントを
お試しください。

Fruits Details

フルーツの詳細

12種のアマゾンフルーツ

フルッタフルッタでは
新鮮な12種類のアマゾンフルーツを
冷凍ピューレにして皆さまにお届けしています。
アマゾンの厳しい環境で育った天然のサプリメントを
皆さまの美と健康にお役立てください。

アサイーAçaí

  • 低糖質

ブラジルの奇跡

アマゾン原産のヤシ科の一種で、20~25mほどの幹の上に生えるほうき状の房にブルーベリーより一回りほど大きな実を鈴なりにつけます。アマゾンでは古来より先住民の栄養源として食され、葉や幹は伝承医療や建材に用いられてきました。小さな実の95%を種が占め、食べられる果肉部分は5%ほどしかない貴重なフルーツです。ポリフェノールを突出して多く含み、ビタミンEや鉄分、オレイン酸など、その豊富な栄養素から現代ではスーパーフードの筆頭格として知られるようになりました。ナッツのように甘味や酸味がなく、あっさりとした味わいに油脂分特有のコクが特徴です。
▶詳しくはこちら

甘味 / ★☆☆☆☆

酸味 / ★☆☆☆☆

主な栄養素

ピタヤPitaya

  • ローカロリー

ビビッドピンク

サボテンの仲間の果実で、果皮に竜のうろこの様な突起をもつことからドラゴンフルーツとも呼ばれます。鉄やマグネシウムなどのミネラル分が豊富で、レッドピタヤのビビッドなピンク色は赤色の色素で抗酸化性が期待されるベタシアニンや、女性に嬉しい葉酸や食物繊維も含むのが特徴です。果肉はゴマの様な小さな種子でプチプチとした食感で、優しい甘味でクセがない風味とほのかなメロンの香りがします。

甘味 / ★★★☆☆

酸味 / ★☆☆☆☆

主な栄養素

クプアスCupuaçu

神秘的な癒しのフルーツ

アマゾン原産のカカオの仲間のフルーツ。学名のTheobromaとは「神の食べ物」を意味し、その名の通り神秘的でエキゾチックな独自の香りをもちます。濃厚な口当たりと酸味のなかに淡い渋味があり、例えるなら完熟バナナとシークワーサーのような風味。食物繊維とビタミンC、ビタミンB類、鉄、葉酸が豊富で、リラックス成分のGABAを含むことから癒しの機能性が期待されます。アマゾンの代表的なフルーツで、現地ではアサイーと並ぶ人気があります。

甘味 / ★★★★☆

酸味 / ★★★☆☆

主な栄養素

アセロラAcerola

  • ローカロリー
  • 低糖質

アマゾンチェリー

アセロラの名は「綺麗で可愛らしく利用価値のある実」という意味の言葉に由来し、赤くてサクランボによく似た実をつけます。ビタミンCを突出して多く含むスーパーフードであり、食物繊維も豊富。味わいは青梅のような芳醇な香りと酸味が特徴です。ブラジルのレストランやカフェでは、ナチュラルジュースのメニューがあれば必ずといっていいほどラインナップに入る定番フルーツです。

甘味 / ★★☆☆☆

酸味 / ★★☆☆☆

主な栄養素

カカオCacau

アマゾンの秘宝

アマゾンが原産の、チョコレートの原料としてよく知られているカカオの果肉部分。チョコレートのほろ苦い風味とは異なり、フルーティーでエレガントな風味と優しい甘みはまるでライチとマンゴスチンのよう。果肉は実からわずか5%しかとれず、通常は種子(カカオ豆)をチョコレートの原料にするための風味づけと発酵促進に用いられます。果肉がジュースとして採られることはごく稀であり、ブラジル国内でも流通すること自体が珍しい希少性の高いフルーツです。

甘味 / ★★★★★

酸味 / ★☆☆☆☆

主な栄養素

マラクジャ(パッションフルーツ)Maracujá

サンバの女王

ブラジルを原産とし、大航海時代にパッションフルーツの名で世界中に伝播した歴史あるフルーツ。ポルトガル語名は「ヒョウタンの形で中が食べられるもの」という意味の先住民の言葉に由来します。鮮やかな衣装でエネルギッシュに踊るサンバダンサーのごとく、キレのある酸味とトロピカルで明るく華やかな香りが特徴で、ブラジルではジュースやシャーベットのほかジャムやムース、ケーキなど様々なメニューで親しまれています。酸味の90%はクエン酸とされ、ビタミンAと葉酸が豊富。Passioflorinaという成分も含み、自然療法では鎮静剤として利用されています。

甘味 / ☆☆☆☆☆

酸味 / ★★★★★

主な栄養素

カジューCaju

ブラジルのソウルフルーツ

誰もが知っているカシューナッツは、実はブラジルが原産。古くから先住民の重要な栄養源として重宝され、ブラジルの伝承や文学、民間療法、食文化などに根差してきた国民的フルーツです。現代では果肉のジュースや炭酸飲料が街なかのスーパーに並び一般的に親しまれています。ナッツになる種子が飛び出た風変わりな見た目が特徴で、実の柄(果柄)が甘く肥大した部分をフルーツとして食べます。ビタミンCが豊富で、甘いリンゴの風味とチーズケーキのような香りをもち、クセになる不思議な味わいが特徴です。

甘味 / ★★★★★

酸味 / ★☆☆☆☆

主な栄養素

グァバGoiaba

  • ローカロリー

アマゾンのトマト

ブラジルのグァバはトマトに匹敵するほどの赤色の色素リコピンを含み、可愛らしいピンク色をしているのが特徴です。トロピカルで芳醇な香りに、どことなくトマトのような酸味と風味があり、ビタミンAとビタミンC、食物繊維も多く含む女性の味方ともいうべきフルーツです。ブラジルではジュースのほか、ジャムや羊羹のように甘く煮詰めて固めたDoce(ドッシィ)にして食べるのも一般的です。これをチーズと一緒に食べるのもポピュラーで、一見して相容れない甘味と塩気の絶妙なバランスから「ロミオとジュリエット」という呼び名で親しまれています。

甘味 / ★★★☆☆

酸味 / ★☆☆☆☆

主な栄養素

タペレバTaperebá

  • ローカロリー

アマゾンのスパイス

マンゴーの親戚にあたりブラジルに古くからあるフルーツで、25mもの高い木から落ちてくる5㎝ほどの実を採取します。オレンジにターメリックを混ぜたような、スパイシーで独特な風味が特徴です。その香りや風味は抗酸化性が期待されるフェノール成分によるものとされ、食物繊維やビタミンC、鉄も豊富に含まれます。ブラジルではジュースやシャーベットで食べるのが人気で、ワインやリカーの原料にも用いられます。

甘味 / ★★★☆☆

酸味 / ★★☆☆☆

主な栄養素

グラヴィオーラGraviola

アマゾンのオアシス

緑色の果皮に多肉質なとげをもち、人の頭ほどにも大きな実に育つのが特徴。中にぎっしりと詰まった白い果肉は、迫力満点なビジュアルとはうらはらにとても親しみやすい味わいで、ヨーグルトとりんごを混ぜたような甘酸っぱさと爽やかさで人々を魅了します。ビタミンCが豊富で、葉や種子は自然療法に利用されるなど有用性の高いフルーツです。甘さと酸味のバランスがよく、ブラジルではジュースやシャーベットにするのが一般的です。

甘味 / ★★★★☆

酸味 / ★★☆☆☆

主な栄養素

マンゴーManga

キングトロピカルフルーツ

大航海時代の1700年代にインドからポルトガル人によってブラジルに持ち込まれた植民地の歴史を物語るフルーツ。アマゾン川の河口の都市、ベレンの旧市街では数千本ともされるマンゴーの古木が街路樹として植えられ、現代でも街の風物詩の一つとして溶け込んでいます。濃厚な口あたりに芳醇な風味とトロピカルな甘味が特徴。

甘味 / ★★★★★

酸味 / ★☆☆☆☆

主な栄養素

アバカシ(パイナップル)Abacaxi

ジューシーパラダイス

ブラジルを原産とする世界中に伝播したフルーツ。トロピカルで濃厚な甘い香りと、ブラジルのパインアップルは芯まで食べられるほど甘くてジューシーなのが特徴。ブラジルではミントとミックスしたジュースが好まれ、ブラジリアンフードの代名詞ともいうべきシュラスコでは、脂っこいお肉の合間に焼きパイナップルでお口直しをするのが定番です。ポルトガル語名は先住民の言葉に由来し、Abi(針やとげ)とacaigo(痛い)の合成語、もしくは「強い香りのフルーツ」という意味のibacatiに由来するなど、諸説あり。

甘味 / ★★★★★

酸味 / ★☆☆☆☆